スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「天地人」主役決定!! 最新ニュース

■主演・妻夫木聡さんのプロフィール  1980年12月13日福岡県生まれ。  1998年「すばらしい日々」で俳優デビュー。ドラマ「ブラックジャクによろしく」「オレンジデイズ」で主演を努め、「天国と地獄」などにも出演。  映画では2001年「ウォーターボーイズ」で日本アカデミー賞 主演男優賞・新人俳優賞を受賞。  「ジョゼと虎と魚たち」では、キネマ旬報の最優秀主演男優賞を受賞するなど、高い演技力を評価され注目を浴びる。以後、「春の雪」「涙そうそう」「どろろ」「憑神」など話題作に多数出演。  舞台でも才能を発揮し野田地図「キル」に主演し才能を発揮し、映画、テレビドラマ、舞台と幅広く活躍。豊かな表現力を持ち、いま最も期待される俳優の一人である。  NHKドラマは初出演。

■主役決定にあたって…チーフ・プロデュサー 内藤愼介  平成21年度大河ドラマ「天地人」の主人公は、越後の名門・上杉家の家臣、直江兼続。上杉景勝の側近でありながら、豊臣秀吉、徳川家康、伊達政宗らを魅了し、また、最も恐れられた伝説の男です。  幼くして親元を離れ、師と仰ぐ上杉謙信から「義」を貫くことの大切さを学んだ兼続は、波乱の日々の中でその教えを自分なりに解釈し、慈愛の「愛」という言葉にたどり着きます。兜にも燦然と掲げられた兼続の「愛」の一文字は、その生涯を通じ、故郷と、そこに暮らす民へと向けられました。名だたる武将たちが「利」を巡る争いを繰り広げていた戦国時代において、そんな兼続の存在は異彩を放つものであり、他を圧倒する強さを持っていました。その魅力は、利益追求に邁進し、「品格」を失いつつある現代社会にも鮮烈な印象を与えます。そんな義将・兼続の姿を今に蘇らせるのは、妻夫木聡さん。  決定の理由は、そのたたずまいからにじみ出る優しさと芯に秘めた強さ。これまで数々の作品で見せてきた、演技に対するストイックな姿勢も、兼続のひたむきなイメージと重なります。妻夫木聡さんが演じる、優しさの中に揺るぎない強さを秘めた兼続像は、新しい時代のヒーローとして、多くの人々を魅了すると確信しています。 ご期待下さい。

■番組の企画意図  上杉家・景勝の家臣でありながら、豊臣秀吉、徳川家康らを魅了し、また、最も恐れられた男――その名は、直江兼続。  上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた兼続は、その波乱の生涯を通じて、民・義・故郷への愛を貫きました。  「利」を求める戦国時代において、「愛」を信じた兼続の生き様は、弱者を切り捨て、利益追求に邁進する現代人に鮮烈な印象を与えます。  大河ドラマは、失われつつある「日本人の義と愛」を描き出します!

(NHK放送前情報より転記)

 

 

バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
売れ筋トラベル(楽天)
直江兼続 BOOK
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。