スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 直江兼続  米沢 かみのやま産ラフランス!


みやげ屋風月堂

ラフランスって知っていますか?とろけるように美味しい洋なしです。洋なしの女王様ですね。かみのやま産のラフランスを紹介します。直江兼継の時代にも美味しいものが沢山あったのでしょうね。

 バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

再来年大河、福山龍馬…悩みに悩んで決断 最新ニュース

歌手兼俳優、福山雅治(39)が2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主役・坂本龍馬に決まり6日、発表された。熱狂的ファンが多い歴史上の人物だけに、「ボクでいいんですか?」と迷いながらも、制作サイドの1年に及ぶラブコールに応えた。当たり役となったフジテレビ系「ガリレオ」の天才物理学者から一転、幕末を駆け抜けた熱い男を演じる。  クールで知的な学者役がハマったドラマ「ガリレオ」の映画化「容疑者Xの献身」が動員300万人・興収38億円を突破し、プロデュースしたKOH+が歌う主題歌「最愛」も大ヒット。そんな、今をときめくスターを獲得した鈴木圭チーフ・プロデューサーは「ここで福山さんの名前を発表できてうれしい」と興奮を隠さず、口にした。  同氏は題材が決まった約1年前、出演交渉を開始。だが、福山側は、1年という長丁場の撮影に加え、周囲の期待感の高さへの不安などから、出演を躊躇したという。  「龍馬は33歳で亡くなるまで、前進し進化し続けた人。福山さんはそのイメージにぴったり。俳優としても成長期で、これからが旬の人だと強く思った」とほれ込んだ鈴木氏らが粘り強く交渉を続け、発表ギリギリの10月下旬に正式OKをもらった。「決め手はしつこさ」と笑った同氏だが、龍馬が薩長同盟に尽力し、海援隊を結成した地、長崎が福山の故郷だったことも要因となったようだ。  「龍馬伝」は「ガリレオ」の福田靖氏のオリジナル脚本。龍馬と同じ土佐藩出身で、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎の目線から、時代を駆け抜けた龍馬の姿を描く。  来年デビュー20周年を迎える多忙な時期にもかかわらず、福山は龍馬に関する書物を読みあさり、「1日も早く剣術の練習をしたい」と心はやらせる。NHKドラマは意外にも初。「これから1年かけて十分な準備をし、2010年という時代だからこそ、このスタッフだからこそ表現できる『坂本龍馬』を作り上げてみたい」とコメントを寄せた。  来年の大河「天地人」は、やはりNHKドラマ初出演の妻夫木聡(27)が主人公・直江兼続を演じる。 (gooニュース2008.11.07より転記)

 

バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

「書」と「迷」に夢中 最新ニュース

 「菊之助さんを字で表すと、『迷』だと。そう言われたんですよ」  いま、書道にはまっている。きっかけは、同世代の書道家との対話だった。NHK大河ドラマ「天地人」の題字を手掛け、有名人とのコラボレーション作品などでも知られる武田双雲だ。神奈川・藤沢で開かれている書道教室に通う。  「双雲さんの教え方は独特で、個というものをとても大事にされる。書道教室というより、個性教室みたい」  サインなどをするのに、字がうまくなれば…というのが動機だったそうだ。  「でも、双雲さんの所へ通ううちに、書は自分との対話なんだと教わりました。墨をすっている時間は、心が落ち着きますね」  20畳ほどの大きな部屋に「寺子屋」さながらに門下生が集まる。特別扱いされることはない。歌舞伎俳優という職業を忘れて、素の自分に戻ることのできる時間だという。 ◇  教室では、ワークショップ形式の学習法が取り入れられている。「教室にある木がいま何を感じているか」「古典の書物の文字を選び、書家がどんな思いでその字を書いたのか」…。そんなテーマで、グループ別にディスカッションをしてから、筆をとるそうだ。ただ書き写すのではなく、議論の中で、それぞれの人がテーマへのアプローチの仕方を定める。そうした過程を意識することで、書(字)が上達するのだという。  門下生の作品展には、そんな活動から生まれたユニークな書が並ぶ。菊之助も出掛けたことがある。「絆(きずな)」が、そのときのテーマだった。  「何が素晴らしいかといって、展覧会の空間が活気にあふれていた。温かい空間でした。展示作品の一つ一つに書いた方の思いがあふれていた」

 バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

「天地人」の重圧に押し潰されそうな妻夫木聡 最新ニュース

 今月26日に閉幕した「第21回東京国際映画祭」。話題作が多数出品されたが、注目を集めた一本は妻夫木聡(27)の主演作「ブタがいた教室」(11月1日公開)。コンペティション部門で公式上映され、審査員賞と観客賞をダブル受賞した。舞台挨拶に登場した妻夫木も笑顔を隠せなかったようだ。  妻夫木は来年主演するNHK大河ドラマ「天地人」もすでにクランクインしている。まさに“旬の人”だが、本人は相当のプレッシャーを感じているのではないか。理由は放送中の大河「篤姫」の人気っぷりだ。 「『篤姫』は宮崎あおいらの好演で20%台後半の視聴率を連発しています。バトンタッチする妻夫木の『天地人』にも期待がかかるのは確実で、NHKとしても視聴率は20%以上を見込んでいるはずです」(関係者) 「天地人」には妻夫木のほかに、阿部寛、相武紗季、長澤まさみ、上地雄輔、小栗旬ら連続ドラマの主演クラスの役者も多数出演するが……。 「妻夫木演じる主人公の戦国武将、直江兼続という名前を聞いてもピンとくる人は少数派で、認知度は『篤姫』よりずっと下。そのハンディを自分の演技力と知名度で補わなければならないわけで、かなりの重圧だと思う」(マスコミ関係者) 今の妻夫木は明るい話題があっても心からは喜べないか。(日刊ゲンダイ2008年10月29日掲載)

(ゲンダイネット2008.11.01より転記)

 

バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

米沢みやげと言えば、元祖「ミルクケーキ」ですよね




みやげ屋風月堂

ミルクケーキって知ってますか?見たことがあるかもしれません。新鮮な生乳から作った、牛乳の塊のアメのような・甘いせんべいのような、あまくホッとする御菓子です。ワイナリーや有機農法で有名な山形のたかはた(高畠)ブランド。カルシウムたっぷりのお菓子ですよ。昔は「みるく味」のみでしたが、今は9種類の味があります。美味しいですよ!天地人で紹介されるかもしれませんね?!

 

バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

最上・上杉いざ味合戦 25日、山形で天地人祭り 最新ニュース

 来年放送予定のNHK大河ドラマ「天地人」にあやかって誘客を図ろうと、山形市や米沢市などが25日、山形市のJR山形駅西広場で「最上・上杉天地人祭り」を開催する。1600(慶長5)年、現在の山形市で繰り広げられた長谷堂合戦で激しく戦った最上、上杉の両軍。ゆかりの自治体が400年の時を超えて「味合戦」を繰り広げるとともに、一致団結して伝統芸能をPRする。  「もうひとつの関ケ原」と呼ばれる長谷堂合戦では、ドラマの主人公である直江兼続率いる上杉軍と、城主・最上義光の最上軍が壮絶な戦いを繰り広げた。  ドラマ放送決定を機に、合戦の舞台となった長谷堂城跡など山形、新潟県の兼続ゆかりの地では、観光客が増加。合戦に関係が深い山形、米沢、上山各市、白鷹、山辺両町は観光PRの絶好の機会ととらえ、山形県などとともに実行委を組織し、祭りを企画した。  メーンの最上・上杉味合戦(午前11時半から)は、山形市の芋煮鍋と、米沢市の「謙信ちゃんこ」を300食ずつ無料で振る舞って“対戦”する。山形市の「大曽根餅(もち)つき保存会」による餅つきの実演もある。  「物産合戦」と称して、5市町が観光物産市を開催。山形舞子(山形市)、米沢新調(米沢市)、畔藤(くろふじ)田植え踊り(白鷹町)といった各地の伝統芸能も披露する。  会場に隣接する山形テルサでは午後1時半から、天地人シンポジウムが開かれ、作家の加来耕三氏が「60分で分かる最上義光と直江兼続のほんと」と題して講演する。  事務局の山形市観光物産課は「来年度以降は天地人を題材にした観光ルートを協力してつくりたい」と、共闘に意気込んでいる。

(山形のニュース2008.10.21より転記)

 

バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

NHK大河ドラマ「天地人」冒険シーンは熊本城ロケ 最新ニュース

「義と愛の武将」直江兼継を描く

 戦国大名上杉家の武将・直江兼続を主人公とする来年のNHK大河ドラマ「天地人」のロケが、熊本市の熊本城で行われた。「利」が支配する戦国時代に義と愛を貫いた人物として、兼続は描かれる。熊本ロケでは、その人間像を明示するエピソードとして、時の権力者、豊臣秀吉からの誘いを断るシーンが撮影された。  兼続を演じるのは妻夫木聡。「時代設定にとらわれすぎずに、天地人を通じて新しい兼続像をつくりたい。素直に役にぶつかっていけば、見えてくると思う」と抱負を語った。  撮影は熊本城飯田丸の梅園で行われた。設定は大阪城内の庭園に設けられた茶室。ここで、兼続の器量にほれ込んだ秀吉(笹野高史)が、兼続の前に砂金を積み上げ家臣になれと迫る。兼続の主君上杉景勝(北村一輝)、石田三成(小栗旬)、北政所(富司純子)らが見守る中、兼続はこの誘いをきっぱりと断る。  「目に見える利益に走りがちな現代にあって、目に見えないもの、心のきずなといったものに価値を置いた人間たちの物語を問い掛けたい。忘れられかけている日本人のアイデンティティーを描く。『こんな生き方って、かっこいいんだ』と感じてほしい」。内藤慎介チーフプロデューサーは、こう制作意図を語る。  熊本での収録シーンは来年1月4日放送の第1回の冒頭に流れる。熊本城は、「石垣など城の感じが当時の大阪城に近いものがある」(内藤プロデューサー)との理由でロケ地に選ばれ、地元エキストラ約40人が侍女や侍役などを務めた。

(西日本新聞夕刊2008.10.14より転記

 

バナー02 ←人気ブログランキングへ、応援をよろしくお願いします。

検索フォーム
カテゴリ
売れ筋トラベル(楽天)
直江兼続 BOOK
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。